みんなに福行け!(インデックス投資やっています)

fukurougaeru の『節約と貯蓄』、『インデックス投資』 についての備忘録。 よろしくお願いします。

投資について「何も勉強したことがない」「教えてもらったり、本を読んだことがない」 という方は当ブログ記事を読まれる前に下記をご覧ください。(勉強で読んでいるブログです)
 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
 インデックス投資の方法 【第2回】金融危機,リストラ,災害,入院..不測の事態にも安心して投資を続ける秘訣とは  http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1861.html

リンク先は個人が 『好意』 かつ 『無料』 で公開してあるものです。
判断は 自己責任 にてお願いします。

私のこと
Twwiter: @fukurougaeru
1971年生 / 男性 / 関西在住 / 会社員 / 家族は妻のみ / 持ち家(ローンあり) / 生活防衛資金積立て / 住宅ローン繰上げ返済取組み / 少額の積立投資を開始 / インデックス投資 / 節約・貯蓄 / その他

正直に可能な限りありのままに。同じように関心を持ち出した方の「気づき」の一助になればよいなと思い、備忘録をかねて書いています。

趣味などのブログ(更新は停滞気味)です。
ふくログ http://fukulog01.blog.jp/
Twwiter趣味アカウント: @fukurougaeru02

よろしくお願いします。

2017年01月

今月末の積立完了-そしてあらためて確認

今月末もいつも通り積立をおこないました。
何も変わったことも困ったことも特にありません。

平穏無事に過ごせてる時にこそあらためて確認。
資産形成についてわかりやすく説明しているブログやサイトがあります。
その中でも下記ブログの1記事を読み返すことが多いです。 

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
インデックス投資の具体的方法 8ステップ

私はこの記事の内容をざっくり次のように理解しています。
・きちんと生活できるお金は確保しておきましょう。
・投資信託などリスク資産に振り分けるお金は金融市場の状況で大幅に減ることがあります。

自身の理解度や状況に応じて一から見直したり、より深く考えたりできるので、上記の【第1回】から【第8回】までのシリーズ記事おすすめです。



話は変わりますが「リスク資産に振り分けようと考える金額の割合」。ひとそれぞれなのでしょうが人はどんな感じなのか想像したりもします。

その人の状況は
 ・年齢 
 ・収入
 ・ローンの有無
 ・扶養家族の有無、人数
 ・その他多くのこと

資産の内リスク資産の割合は
  100万の場合      : リスク資産 0~10%ぐらい?
  1,000万の場合      : リスク資産 0~10%ぐらい?
10,000万の場合      : リスク資産 0~50%ぐらい?
 「すごいお金持ち」の場合   : 『とても管理が大変』らしい


まあ私には関係ないことの心配ごとは置いておいて(笑)。
これからも地道に積み立てて資産形成を続けていこうと思います。



最後までご覧いただきありがとうございます。

fukurougaeru

解決しました。 株式投資信託でシンガポールは新興国?それとも先進国?

fukurougaeru SGアート_R




先日「シンガポールの株式は株式投資信託では新興国?先進国?」という疑問を持ちました。

まず最初に「シンガポールの世界全体に対するGDPの比率」はどの程度かの確認です。

総務省統計局HP
統計データ>世界の統計>本書の内容>バックナンバー>2015年(PDF)
上記P-65「国民経済計算 3-1世界の国内総生産(名目GDP,構成比)」
より

世界全体の名目GDP(2013年。以下同じ)
全体比100.0% 75,566.3(10億USドル)
   
シンガポールの名目GDP
全体比 0.4%   302.3(10億USドル)

アメリカの名目GDP
 全体比 22.2%   16,775.7(10億USドル)

中国の名目GDP
 全体比 12.1%  9,143.5(10億USドル)

日本の名目GDP
 全体比 6.5%   4,911.8(10億USドル)

韓国の名目GDP
 全体比 1.7%   1,284.6(10億USドル)

香港の名目GDP
 全体比 0.4%   302.3(10億USドル)


とあります。

では私が積み立てているインデックスファンドの目論見書にシンガポールが出てくるかを確認してみると。
 見当たりません。 

 アジア:中国、インド、タイ、インドネシア、韓国、マレーシア、台湾、フィリピン
 (シンガポールはありません)

上記とは別に利用している企業型DCの目論見書を見てみましたが見当たりません。

「GDP世界全体比 0.4%」というのは金額は大きいですが比率としてはても小さいものなのですね。

引き続き「シンガポール」を探してみようと思います。 
 


 ↓
 ↓

※2017/01/27 7:00 追記
ツイッターにブログ更新通知をしたところ、
さっそく「先進国ですよ」と教えていただきました。






kenzさん、ありがとうございます。


最後までご覧いただきありがとうございます。

fukurougaeru 

「無理無理」ではなく調べて考えてから決める

橘玲氏著の金融小説「マネーロンダリング」を読みました。(書評ではありません)

内容は「日本から海外に大金を送りどうにかしようと。そこに香港、日本の人・組織が複雑に絡み合って・・・」といったものです。
「へえそうなんや、すごいなあ、いろいろな方法があるんやねえ(但し理解はしていない)」と思いながら一気に読み終わりました。
内容は出版当時のものらしいので、現在では使えない制度や仕組みがあるそうです。
もちろん利用してみようと思う内容のものは1つもありません。それ以前に理解できないものばかりです。

私が橘玲氏の著作を読んでみようと思ったのは水瀬ケンイチさんのブログ梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーの記事がきっかけだった記憶しています。その時に読んだのは別の本です。
それから著者の本に興味をもち「マネーロンダリング」を読むにいたりました。

今回読んだ小説の内容は壮大で極端な話。多くの方が縁の無い話だと思います。
ただ私の場合もっと身近な経済や金融のことについて「無理無理、わかりません」と早々と決めてしまうことが多いです。
「理解できないことはやらない」という考えに変わりはありませんが、
きちんと調べてから『私には向かないな』、『それでも理解できないな』、『今は保留』などと理解(しようと)してから判断していこうと思いました。

とりあえず地道に勉強、節約、積立です。


最後までご覧いただきありがとうございます。
fukurougaeru 

またまた関西インデックス投資家オフ会に参加しました

先日、関西インデックス投資家オフ会に参加しました。
神奈川からはkenzさん、沖縄からはゴーヤちゃんぷるさんが帰省に合わせての参加です。

今回の参加者は
fukurougaeru(私)


オフ会での話題は...(詳細は参加者のブログを見てください)

私の座ったテーブルでは
・確定拠出年金(個人型、マッチング拠出)
・月極駐車場の賃料
・沖縄名物?骨汁
・分散投資なら国内債券だけでなく、先進国・新興国債券も含めるのもありでは
・沖縄の男性は、帰宅→飯・風呂→車で飲みに行く(電車が無い)→エンドレス飲み(終電の概念が無い)
   →運転代行で帰宅
・その他

隣のテーブルでは
・時価総額について
・映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
・私も始めた頃は先輩ブロガーさんにとてもお世話になりました(ベテランK氏)
  ※私がこうしてあるのも感謝つながりやなあとじわじわ来ました。

テーブルをまたいで
・現状制度のNISAは
・リスク資産は株式投信だけで債券はなし。債券をなくした分を無リスク資産の比率を上げることで対応もありでは
・個別株3銘柄に投資していたら1銘柄が急落した話(参加者ではなくよその方)
・くは72さんの名前の由来

アップルウォッチ
間近で初めて見ました。小さい画面ですが私のスマホより明らかに画面の反応が良さそう。
入力がどうするのと聞いたら音声でいろいろ反応するとのこと。
かっここいいな。ほんまSFみたい。


途中退席で最後までお話が聞けなかったのが残念。
他の話や詳細は参加者のブログをご覧ください。

ご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございました。
とても有意義な時間を過ごすことができました。




最後までご覧いただきありがとうございます。

fukurougaeru

  • ライブドアブログ